<<前のページ | 次のページ>>
2024年5月31日(金)
「れ足し言葉」

本来なら
「来られる」
「見られ
る」
「食べられる」と
言わなけ
れば
ならないところを
「来れる」
や「見れる」、
「食べれる」と

「ら」を省いてしまう
言い方を
「ら抜き言葉」と言い、
文法的
には
誤りとされています。


しかし最近、
この「ら抜き言葉」

に加えて
「れ足し言葉」を使う

人が増えている
というニュース

を読みました。

「来れる」
「見れる」
「食べれる」

に「れ」を加えて、
「来れれる」

「見れれる」
「食べれれる」と
いう
言い方をする
のがそれです。


この「れ足し言葉」、
私からすれ

違和感しか
覚えませんが、
全く
違和感を
感じない人も
いるんで
しょうね。


生き物と同様、
ことばも時代と
ともに
変化していくものなので、

ああだこうだと
文句を言うつもり

はありませんが、
日本語は日本人

アイディンティティー
そのもの
ですので、
もっと大切に使って

ほしいと切に感じます。

(一言居士)

2024年5月30日(木)
「グローバル」

教育のグローバル化
を進めている。

「IB」の導入
「SGH」の指定校

「新しい試み」でだけに
校内のイノベーションで
さぞや学校現場では
苦労されているだろう。

海外大学進学者数が
成果の指標として
学校パンフレットに
掲載されている。

その中で
「帰国子女」は
期待されている。

また、
日本の文化の見直しが
教育のグローバル化
として必要であると
捉えている学校もある。

熱心な学校が
赤道を越えて
学校説明会を
開催される。

お話を伺うのも
一行にしかず。

(元入道)

2024年5月29日(水)
(役割の明確化)

4月半ば
復帰したバスケ。


早一月強が経ち、
今とても楽しい。


体はもちろん疲れるし、
青あざや小傷も
絶えないのだが、

得られる爽快感は
何物にも代え難い。


復帰間もない頃は
あれもこれもしようとして、

体力を消耗し、
いざ重要な場面で
頑張る体力が
残っていないことも

しばしばあった。

ただ、最近になって
経験豊富な方々に
助言を
もらえるようになり、

自分の得意を
活かした動きに

集力する
ようになった。

その結果、
以前より無駄な
動きが減り、

いたずらに体力を
消耗しなくなった。


強み、長所を
もっと伸ばすか、

弱点を補強するか、
スポーツも勉強も
共通点が多く、
学ぶことが多い。

そして何より、
真剣にやれば
本当に面白い!!


この時間に感謝しつつ、
その場その場で
自分の全力を出すことに
集中!


(リバウンドを
制する者は試合を制す)

2024年5月28日(火)
『Knowledge is Safety』

「不知は罪」
という言葉が

あります。

法律を知らないことが
重大な問題やトラブルを
引き起こす可能性が
あることを意味します。

日本で生活をするうえで
法律は
私たちの日常生活に

深く関わっており、
そのルールを
知らないことが罪となる
場合があります。

日本の刑法第38条には
「法律を知らなかった
ことは、その違法行為に
対する責任を免れる
理由にはならない」
と明記されています。

先日タクシー降車時に
バイクと接触をしました。

その際の
バイクの運転手

との示談の話。

完全に100:0で私が
悪いのであれば
留飲を下げることが
できたものの、
歩道を走行してきた
バイクも少なからず
問題もあるだろう。

警察を呼んでくれと
いうもののすぐさま
集まってきた
10名ほどの

野次馬に囲まれ、
警察は
呼ばない方がいい

この道を
閉鎖させる気かと

埒のあかない状況に
相手の言い値で
"ケガ分のマッサージ代"
(グーグル翻訳)
なるものを支払った。

インドネシアの交通法や
賠償のルールを
知らなかったために、
不利な立場になり、
さらに、
インドネシア語を

知らなかったため、
相手に自分の主張を
正当に伝えることが
できず、
相手の言い値で

その場を
やり過ごすしか

なかった自分。

この経験を通じて、
法律と現地の
言語の知識を

持たないことがどれほど
大きなリスクであるかを
痛感したとともに、
そこにもまた
、「学び」の

意義を垣間見ました。

(事上磨錬)

2024年5月27日(月)
『インドネシア』

渋滞の中
道路わきの木々を
目で追う

赤い小さな
つやつやとした
お尻を見せるのは
ジャンブー

頭上に落ちたら・・・
と 不安になる
大きなヤシの実

廃墟のような庭で
だれに供されずとも
たわわに実るバナナ

幹の途中から
突然
姿を現しているのは

大人の頭部大ほどの
ジャックフルーツ

手を伸ばせば
もぎ取れる高さの
木の幹には
寄り添うように
実をつける

青いパパイヤ

駐車場に
落ちてつぶれた

実の上を見上げれば
風に揺れる鈴なり
マンゴー

この国は
なんと自然の恵みに
あふれているのだろう

豊かな実りを
目の当たりにして
しばし 感動

(O'baba)

2024年5月25日(土)
海外生活の不便さ

気が付くと
日本のクレジットが
使えなくなっていた。

特定のサイトだけかと
思ったら、
全部使えない。

仕方なく、
クレジット会社に
連絡を取ったのだが、
これもめんどくさい。

AIチャット⇒
なかなか繋がらない
有人チャット⇒
向こうからの電話に
なったが、
時間の決まっていない
電話だったので、
一度取り逃がし、
翌日もう一度
最初からやり直した。
「電話します」から
2時間は待たされた。

その間に、久しぶりに
クレジット情報を
確認したのだが、
3月中に身に覚えのない
請求で7万円以上
引き落とされていた。

アンドロイドユーザーの
私がアップルコインの
ようなものを30回以上
購入していた。

結論からいうと、
4月末に
私のクレジットで
アメリカから
知らないサイトの
会員登録がなされそうに
なったので、
セキュリティの関係上、
自動で使用停止に
したとのことだった。

3月中の不正利用に
関しても、本来は
60日以内の届け出が
必要だが、
関係部署に引継ぎ、
不正利用が
確認されれば

返金してくれる
とのことだった。

私のクレジット情報が
漏れた原因は不明だが、
最近は、
クレジット番号を
総当たりして、
不正利用をしている
組織があるそうだ。

使用停止になった場合、
クレジットカードは
再発行しなければ
ならず、海外には
送ってくれない。

結局、
日本の実家に

送ってもらうのだが、
取りに行くのが
めんどくさい。

また、両親が最近
引っ越したので、
クレジットカードの
住所変更をしようと
思っても、
本人確認のために
日本の住所が
必要になる。

幸いにも、
全て電話で

処理してくれたが、
久しぶりに
海外生活の

不便さを感じた。

(Harus cek tagihan)

2024年5月24日(金)
『愛猫のいたずら』

我が愛猫は
いたずらが好き。

人間と同じ。

いたずらは
だめなことは
わかっている。

これも人間と同じ。

我の目が
光っている内は

しおらしくしている。
これもまた人間と同じ。

我の目が離れた瞬間
いたずらを開始。

これもこれも...

ひょっとして人間?

彼の背中を探しても
チャックは
見つからない...


(いたちごっこ(-_-;))

2024年5月23日(木)
今日は朝から・・・

授業時間変更により
今日は朝から
授業になります。

あと、
1週間と少しで
6月突入!!

早いですよね。
もう、夏がそこまで
迫っています。

ジャカルタは
年中、夏ですが、
塾の夏はやはり
気合いが違います。

準受験生、受験生
にとっては正念場!
ここでいかに
理解力を深めるかが
大きな一歩
に繋がります。

全学年、
夏までに
やるべき事の
再確認をして下さい。

もちろん、
夏のスケジュールも
遊び一色に
ならないよう
十分に注意して
下さい。

後悔はできないぞ!!

(全身打撲)

2024年5月22日(水)
『カエルの句』

昨日の本欄にあった
「古池や……」の
英訳の話の続き。

私も以前、この句の
英訳をネットで
調べたことがあるが、
その中で
印象深かったものを
ひとつ紹介したい。

訳者は
ジェームズ・カーカップ
(James Kirkup)。
東北大や名古屋大で
教鞭を執ったこともあり、
日本関係の著作も多い
この英国人の作家は
次にように訳した。

pond
   frog
      plop!

潔い。

3単語にして3音節。

本句の「古池や……」
よりも短い。

芭蕉の
この句の英訳は

いくつも見てきたが、
これより短いものを
私は知らない。

この英訳を、
日本語に

再翻訳するという
野暮なことを試みると
次のような感じか。


 カエル
  ポチャ

(banana)

2024年5月21日(火)
HAIKUの世界

世界で一番
短い定型詩と

言われる俳句。

松尾芭蕉に
「古池や
蛙飛び込む水の音」

という俳句があります。

芭蕉
の詠んだ
俳句として一番日本人

に知れ渡っている
句でしょう。


この俳句は、
多くの先人たちに

よって英語にも
翻訳されてきま
した。

その中から
二つ紹介してみます。


Old pond
Frogs jumped in
Sound of water
(ラフカディオ・ハーン訳)

The ancient pond
A frog leaps in
The sound of the water
(ドナルド・キーン訳)

「蛙」をFrogsと
複数で捉えるか、

A frogと一匹で
捉えるかの違いが

ありますが、
私としては
ラフカ
ディオ・ハーンの
訳の方がしっく
りきます。

The ancient pondが

「古池」のイメージ
からすると

ちょっと大げさ
かなと思って

しまいます。

あなたはどちらの
訳が好きですか?

(閑人閑話)

2024年5月20日(月)
「平安貴族」

昨日は日曜日。
NHKの大河ドラマ
放映日。

ネット上で、
紀元1000年頃の
「実は\\\」の
歴史話をみる。

和歌や恋愛
時々政治をしたりして。
残した物は仏教施設。

教科書からは
軟弱な平安貴族
の姿を想像していたが。

しかし、歴史家の
「実は\\\」話では、
学校で習っていない
姿を見せてくれる。

面白い

(元入道)

2024年5月18日(土)
surat

先日、
ある書類が必要となり、

ジャカルタ中心部にある
日本領事館に
行く機会を得た。


これが
人生初の大使館、

領事館であり、
内心、
心踊らせつつ向かった。


事前に話は
聞いていたが、

大使館は
MRTのBundaran Hi駅を
出てすぐの場所に在り、
アクセス至便だった。

建物はグレーで
案外無機質に感じたが、

観光地なわけでは
無いので

これでいいのだろう。

入口でパスポート提示、
受付を経て、
次に荷物検査室に入る。


それを終えると
ようやく
領事部の建物があり、

待合室的な
場所に通される。


数組待ち客はいたが、
事前に
オンライン申請
していたおかげか、

程なくして呼ばれ、
無事にお目当てのブツを
受け取ることができた。

9時に家を出発して、
11時頃には受取完了。

思惑通りスムーズに
物事が進行し、

心穏やかであった。

今回一番
印象に残ったのは、

間違いな
くオンライン申請の
便利さである。


申請から
手数料の決済まで、

すべてWEB上ででき、
後は受取に行くだけ
という状態を
作ることができた。

対面を
好む人であっても

この便利さをぜひ
一度体験してみてほしい!

と思える快適さであった。

(consulate and embassy)

2024年5月17日(金)
『消えた1000円問題』

タイトルにある
消えた1000円問題、
見たことや
聞いたことがある方も
多いかもしれません。

よくある錯覚を利用した
トリックによるもので
ぜひ、
みなさんも一緒に

考えてみてください。

【問題の概要】
ある3人組が
ホテルに宿泊し、
合計
3万円を
支払いました。

しかし、
実際の宿泊費は

2万5000円でした。

そこで、
ホテルの管理人は

ボーイに5000円を渡し、
3人に返金するよう
指示しました。

ボーイは

その中から2000円を
自分のものにし、
残りの3000円を3人に
1000円ずつ
返金しました。


さて、
ここで疑問が生じます。

3人は合計で
27000円を

支払ったことになります。

これにボーイが盗んだ
2000円を加えると、29000
円にしかなりません。
元々の30000円と
比べると、1000円が
消えています。この1000円
はどこに行ってしまった
のでしょうか?

【解説】
この問題は、
一見すると金額が消えて
しまったように見えます。

が、実際には計算の
トリックに過ぎません。

ここで重要なのは、
3人が支払った
27000円に

2000円を加えるという
考え方が間違っている
ことです。

もう一度、内訳を
見直してみましょう。

3人が支払った30000円の
内訳は以下の通りです

ホテルに対する支払い25000円
3人に返金された金額
3000円(1000円 × 3人)
ボーイが着服した金額
2000円
これを合計すると、
元の30000円と
一致します。

つまり、
30000円 = 
25000円(ホテル) + 
3000円(返金) + 
2000円(ボーイの着服)

消えた1000円は
実際には存在せず、
最初から30000円の中に
含まれていたのです。

このように、
錯覚を

引き起こすような
問題に

出会ったときは、
冷静に内訳を
見直すことが

重要です。

この問題は、
金額の
合計方法に関する

錯覚を利用したものです。

あなたはこれに
気付けましたか?

(興味津々)

2024年5月16日(木)
『ホンモノ』

自分の勝手な想像が
大いにまちがっていた
ということがよくある
そしてそれは
自分の中の

常識を覆す

ダビンチの
「モナリザ」は

細部にまで解釈を行う
記事が
あふれているせいか

その小ささに気が抜け
これは本物かと疑い 
あたりを
見回してしまった

ことを思い出す

逆に 
書籍で鑑賞していた

レンブラントの
「夜警」は

その大きさに
のけぞり

数歩後ろに
下がって
しまうほどだった


自分の目で
本物を確かめること

これは何にも
代えがたい
体験となる


百聞は一見に如かず
とはいうが 
そこに感動が
生まれれば

なおさらのことである

(O'baba)

2024年5月15日(水)
ロマンス

久しぶりに
恋愛映画を観た。

私の中で、
フォレストガンプを
超える作品はないと
思っているし、
基本的に美男美女が
なんやかんやあっても
結局ハッピーエンドで
終わるオチは
嫉妬心が半端ないので
見ないようにしている。

今回、
インドネシアの
恋愛映画を観ることに
なったのだが、
主人公の女性は
笑うと目尻に
しわがくっきり出る
おそらく40年代の
作家の女性。

ストーリーは、
出版記念会中に
腹が痛いと
帰ったはずの
旦那が自宅で
不倫していた。

傷心の彼女は
ニューヨークに
逃げて、
そこで出会った
同じく傷心中の
インドネシア人と。。。

展開読め読めの
よくあるストーリーと
映画ならではの
失恋・離婚から
次の恋への
スピード感に
驚いた。

途中、
なぜ私は、

同年代のおばさんの
恋愛話を映画館で
観ているのだろうと
思ってしまい、
全然感情移入が
できない。

ラストはお決まりの
ハッピーエンドで
終わったが、
私の嫌いな
演出もあり、
さらにげんなり。

相方はストーリーに
興味が
あったわけでは

なく、たんに
ニューヨークの
街並みを
見たかっただけ

とのことだった。

なんと無駄な2時間。。

ただ、後で調べると
女優さんは私より
だいぶ年下だった。
失礼しました。

(PENISILLIN)

2024年5月14日(火)
『思考力』

最近よく某東大生ズ
ユーチューバーの
チャンネルを見ている。

以前もよく見ていたが
最近またマイブームが
復活した。

与えられる様々な
『課題』をこなす
というのが大まかな
趣旨のようだが、
彼らの問題解決力
の高さにはいつも
『ほ〜』と感心。

一見解くのが
無理そうな

問題にも
果敢に挑戦し

何とか答えを
導き出そうとする

姿は何とも清々しい。

凡人の我には
到底到達できない
『域』ではあるが
その姿勢を
見習いたいし、
生徒たちにも
見習ってほしいと
思う今日この頃。

(Never Give Up!(*^^*))

2024年5月13日(月)
説明会から少しずつ・・・

先週のSAPIXの
受験説明会、
ありがといございました。

本当に毎年ながら
良いお話が
聞けたと思います。

特に生徒も一緒に
聞いたご家庭は
いかがでしたで
しょうか?

通常はご父母だけ
ですが、
色々な意味で
良いお話が
聞けたのでは
ないでしょうか。

それぞれ、
ご家庭で、
今日の説明会の
内容も踏まえて、
今後の進路の参考
にして頂ければと
思います。

受験情報を得られる
機会は絶対に
逃さずに!

今年もここから
夏期講習会まで
かけていきます!
しっかりとついて
来てください。

PHI新聞、
ホームページ、
情報は
逃さないように。

(全身筋肉痛)

2024年5月11日(土)
『う』

本日5月11日は
長良川の
「鵜飼開きの日」
だそうな。

鵜飼いにおいて
鵜は、鵜の目
鷹の目になって
(実際のところ、
鵜はそこまで
気合を入れてない
かもしれないが)
見つけた鮎を
鵜呑みにはしない。

鵜という鳥は
なかなかに賢い
のかもしれない。
少なくとも、
鵜の真似をする烏
よりはお利口さんと
思われる。

(Uかい)

2024年5月10日(金)
「俺の話を聞け」

昨日の一言でも。

そして、
日本放送協会の
「君の声が聞きたい」
でも。

何か今風な。

しかし、
歌でも何でも良い。

「俺の話を聞け!」
と歌いたいし
叫びたい。

(元入道)

2024年5月9日(木)
『君の話を聞かせてくれよ』

中学入試の
国語の問題を
見ていると

複数の学校で
同じ作家の同じ小説が

出題されている
ことがあります。


今春の入試で
注目されたのが、
村上
雅郁著
『君の話を聞かせてくれよ』

です。

確認しだけで、
海城・駒場東邦・

立教女学院・
昭和女子大附属昭和

で出題されていました。

この小説は
2023年4月に
出版された、

とある中学校を
舞台にした7編の

短編からなる
小説ですが、
短い話の
中に「何か」
をかかえた登場人物の

心の揺れや成長が
見事に描かれていて、

まるで中学入試に
出題するために

書かれた小説
ではないと思ってしまう

くらい今の中学入試の
トレンドに

沿った小説です。

中学入試で、
どういう素材文が
まれるのか
知る上でも
一読を
お薦め
します。

(日々是好日)

2024年5月8日(水)
「運動」

1月下旬から
4月中頃まで、

しばらくの間、
バスケを
サボっていた。

言い訳は
色々あるのだが、

一度行かなくなって
しまうと、

復帰するのには
かなりの
エネルギーが必要だ。


いつから行こうかと
考えていたのだが、

5月に3回も
練習試合が
あるということで、

4月下旬重い腰を
上げてコートに向かった。


一度行ってしまえば、
生来のバスケ好き、
メキメキとやる気が
湧いてきた。


先週末は
ジャカルタ郊外の
ボゴールに遠征。

地元のインドネシア人
チームとの練習試合

肉付きの良い体型の
プレイヤーが
多いと感じたが、

元来接触は
嫌いじゃないこともあり

楽しんでプレイできた。

国ごとのバスケ文化や
プレイスタイルの
違いを感じ、

それも興味深く、
このスポーツの
魅力の一つと感じる。

怪我にだけは
気を付けて、

インドネシア
でのバスケも

楽しんでいきたい。

(運を動かす)

2024年5月7日(火)
『西の魔女が死んだ』

初夏が来ると
思い出す一節

"サボテンは
水の中に生える
必要はないし、
蓮の花は
空中では咲かない。

シロクマが
ハワイより北極で
生きる方を
選んだからといって、
だれが
シロクマを責めますか。"

(自由闊達)

2024年5月6日(月)
『言葉』

言葉は時代とともに
変わるものだという

今使っている言葉に
そんな実感をもつことも
めったにないのだが
先日「こだわり」
についての解釈があり
とても驚いた

「〇〇に
こだわりがあって」

などと 
自分が大切に
していることや

思い入れが
強いものに対して

使っていたのだが
この言葉は本来
否定的な意味で
使われるのだそうだ

ただ 今では 
肯定的な意味で
つかわれる

ことも許容され
はじめているとか


言葉って
生き物なんだなあ

(O'baba)

2024年5月4日(土)
勘違い

本日、5月4日は
「みどりの日」である。
「自然に親しむとともに
 その恩恵に感謝し、
 豊かな心を育む」
ことが趣旨だそうだが、
太陽嫌い、虫嫌い、
運動嫌いの私には
あまり
関係のない日
でもある。


また、明日5日は
「こどもに日」であるが、
こちらの種子を私は
勘違いしていた。

日本に住んでいたころ、
母からは
「○○君のお母さんは
 母の日に
 毎年○○君から

 花が送られてくるって。」
 と嫌味を言われることが
 あったので、
「こどもの日に何かを
 もらったことはない」
と反論していた。

ところが、実際には
「こどもの人格を重んじ、
 こどもの幸福をはかると
 ともに、母に感謝する」
ことが趣旨だそうだ。

なぜお父さんへの
感謝はないのだろう。。。

(anak ke-2)

2024年5月3日(金)
『出国ラッシュ』

月29日の為替相場で
ついに1ドル=160円
という円安状態の我が国。

しかしながら、最近
『出国ラッシュ』に
よる各地空港の
ニュースをよく
目にする我。

怒涛の円安でも
ゴールデンウィーク
にはどこかへ
旅したい日本人。

円安だからと言って
特に影響はない模様。

しかしながら、
今アメリカに行って
某有名ハンバーガー
チェーンの
ビックマックセットを
頼もうものなら18ドル!
日本円で
2800円を超える!


完全に異次元の
世界戦を繰り広げる
大国アメリカ…

ちなみに日本では
750円

インドネシアでは
560円

経済指標
『ビックマック指数』

はとっても
低いインドネシア

素晴らしいではないか!

ちなみに
『ビックマック指数』

2024年度は、
55か国の指数順位が

発表されているが
インドネシアは

なんと54位!
とっても安価で

ビックマックが
食べれる国である…


ちなみに1位はスイス
55位は台湾とのこと。

なんか
ハンバーガー
食べたくなってきたな…

今年の一時帰国の
健康診断で
コレステロール
中性脂肪
腎臓の数値
全て悪かった我。

ハンバーガーは
だめかもしれない…

(食生活改善中(-_-;))

2024年5月2日(木)
5月突入!!

5月に入りました。

来週は
5月マンスリーテスト
があります。

日々の学習に継続性
を持たせる、これを
実行している生徒は
ごく、わずかかな?

今月から、
入試説明会、
学校説明会が
頻繁に開催されます。

情報収集の場として、
また、受験への
心構えと準備、
知識のアップデート
とプラスしかないです。

参加予約は
忘れずにお願い
します!

(全身筋肉痛)

2024年5月1日(水)
『新緑の月』

今日から5月。

苗代で育った
早苗(さなえ)を
田に植える月、
「さなえつき」が
5月の和名である
「さつき・皐月」
になったそうな。

皐月は
何かを植えて
育てていくことと
関わりのある
月です。

さあ、何を
植えましょうか。

(Maia)