<<前のページ | 次のページ>>
2023年11月30日(木)
『If-Then Rule』

今年も気付くと
残り1か月!

今日は
年内最後の1か月を

充実させるための
「イフゼンルール」を
紹介します!

イフゼンルールとは
もし〜ならばの法則とも
言い、行動心理学や
目標達成の分野で
よく使用される概念で、
具体的な目標を
達成するために
「もし〜ならば」という
形で自分に課すルールや
計画を立てる方法です

例えば
if(トリガー)
タクシーに乗ったら
then(習慣化したい行動)
本を読む
というように
「本を読む」だけだと
習慣化は難しいですが、、
習慣化したい行動に対して
トリガー(すでに習慣化
していること)を設定して
あげることで、目標実現が
現実味を増します!

年始に立てた目標
思い出せばそれぞれ
あると思います!

1つでも多く実現させて
良い一年だったと
ふり返りたいですね^^

(按部就班)

2023年11月29日(水)
『先生の日』

11月25日は先生の日

学校が
お休みになったり

感謝祭が開かれたり
様々な形で
感謝の気持ちが

表される祝日と聞いた

あるところでは
保護者と生徒が
感謝の手紙を書いたり
プレゼントを作ったり
しているその間
先生たちは
エスティシャンによる
施術を受けて
リラックスするという

・・・施術後 
先生たちは

眉もなくつるつるの
むきたまご状態で
感謝の品を受け取り
大綬をかけて
もらったそうだ


教育を
大切にする国の

未来は明るい!

(O'baba)

2023年11月28日(火)
突然の知らせ

先日、
アパートの職員でもあり
友達でもある人物から
連絡がきた。

「今住んでいる部屋を
 オーナーが売りたいって
 言ってるよ。買う?」

買う気はサラサラないが、
そんなことよりも
私の住まいがどうなるのか
気になって仕方が無い。

9月に家賃1年分を
支払ったので、
それまでは
何とかしてほしい。

きちんとした
契約書も作らず、

中国にいる
というオーナーにも

あったことはないが、
良い人なので
来年までは

待ってくれるだろう。

とはいえ、
よくよく話を
聞いてみると

既に買い手
がいるわけでもなく、

いずれは、
という話らしい。

とりあえず
一安心である。


私としては、
値段も場所も

満足しているので
買い手が
見つからないことを

願うばかりである。

(kabar buruk)

2023年11月27日(月)
『ノーベル賞制定記念日』

1895年のこの日、
スウェーデンの
化学者ノーベルが、

自らの発明した
ダイナマイトで

得た富を人類に
貢献した人に

与えたいという
遺言を書いた。


ノーベルの死後、
ノーベル財団が
設立され、

1901年に
ノーベル賞の

第1回受賞式が
行われた。


それ以来
毎年ノーベルの
命日の12月10日に、

平和賞はオスロで、
その他の賞は
ストックホルムで

授賞式が
行われている。



日本人最初の
受賞者は

湯川秀樹
(ゆかわひでき)氏

1949年に
原子核の陽子と

中性子を結合させる
中間子の存在を
予言し、

ノーベル物理学賞を
受賞した。


ノーベル賞受賞者は
圧倒的に
アメリカが
多く388人の受賞者。

日本も28人で
世界大7位と
健闘している。


今年も日本人の
受賞があるのか
楽しみだ。


(凡人( *´艸`))

2023年11月25日(土)
悪寒にやられた・・・

昨日、
会社にくると、
なんか寒いなー
ぐらいだったのが、

昼近くになると、
ざわざわが止まらず、
寒い、寒いと連呼。

こんな悪寒は経験が
なく、本当に
1日中寒かった。

朝、起きると
それは止まっており、
復活の兆し!!

でも、頭が痛い!
今度は、がんがん
と頭の中で鳴り響い
いる。

久々に風邪が
入った気がする。

でも、鼻水、喉は
特に何もなし。

不思議な体験中です。

(運動欲)

2023年11月24日(金)
『ネタは種』

本日11月24日は
「進化の日」だそうな。

1859年の本日
英国の生物学者
チャールズ・ダーウィン
による『種の起源』が
出版されたことに
ちなむ。

この『種の起源』の
「種」は「シュ」と読む。

これを「タネ」と読むと、

柿の種は常に
消費者の嗜好に
適応するように
変化・分岐し、
ピーナッツ共生種、
青のり添付種、
カレー風味種、
マヨネーズ味付け種
チョコレート
コーティング種、等々
様々な種が生じた。

のような内容に
なってしまう。

(退化に改心)

2023年11月23日(木)
死語

所用があって
日本に一時帰国

しました。

日本に帰って困る

のは、公衆電話の
数がめっきり

減ったことです。

日本国内で
音声通話できる
SIM
カードを
持っていない
私として
は、
どうしても
公衆電話を使い

たい機会が
あるのですが、
公衆
電話を
探すこと
自体大変です。


大抵の人が
スマホを持つ時代。

固定電話を
使う機会がほとんど

無いでのでしょう。
それに伴い

以下のような
慣用表現も死語に

なりつつありますね。

「ダイヤルを回す」
「受話器を持ち上げる」
「電話をガチャンと切る」

(閑話閑人)

2023年11月22日(水)
勤労感謝の日

明日は
勤労感謝の日
で祝日です。(日本は)

さて、
この勤労感謝の日とは
何を祝うのだろうか?
と考えた。

小学生の頃、
働く人に「感謝」する日
と、言われたことがある。

年をとって、
いわゆる社会人となると
勤労を「できる」ことに
感謝する日かな
とも、思える。

まさか、
勤労者の日ではあるまい。
5月1日のメーデーがある。

後で、ネットでしらべる。

(元入道)

2023年11月21日(火)
[airmail]

皆さんは
外国にハガキを
送ったことは
あるだろうか?

先月上旬、
アイルランドの
コークに留学中の
友人から富山の
自宅に
エアメールが届いた。

実はこれが
人生初の
外国からのはがきで、
大変うれしく、
彼女の
アイルランド仕込?の
筆記体の文字が
格好良く、
現地の風が
感じられるようであった。

自分もお返しに
出してみたいと思い、
早速行動に
移すことにした。

まず驚いたのは、
その値段だ。

なんと
世界中どこに
送っても一律で
船便は90円、
航空便は100円
だという。


気になる
届くまでの日数だが、
これは国や地域に
よってまちまちである。

参考までに
アイルランド→日本の
場合は2週間ほどで
届いたが、
日本→アイルランド
では一ヶ月掛かった。

日本の郵便
システムが
優れている
のだろうか。。

LINEやwhatsapp
といった便利ツールが
世に普及して
しばらく経つが、
たまには相手のことを
考えながら、
アナログな手紙や
葉書を認めるのも
いいものである。


(penpalは死語?)

2023年11月20日(月)
『雨季』

―道がつづら折りに
なって、いよいよ
天城峠に近づいたと
思う頃、雨足が杉の
密林を白く染めながら、
すさまじい早さで
麓から私を追ってきた。―

晩秋。驟雨。

読書のアキは
もうすぐお仕舞

加拉巴では
スコールが踊る

(小夜時雨)

2023年11月18日(土)
『自尊心』

大人のいじめによる
悲しい事件が
問題になっている

いじめは
IQが低く
社会的認知を
欠いている

人によって
引き起こされる

という説もある

しかし 
ある研究では
むしろ社会的
スキルの高い

人物によって
行われるらしい

その人物は
適切な標的を

見つけては
攻撃を開始


自尊心を高めて
優位に立とうとする
というのだが
そこで選ばれるのは
たいてい
自尊心の低い人


自尊心が低いことは
悪いことではない
周りの人を
自分よりも
まぶしく見ている

だけのこと

みんなちがってみんないい

簡単に聞こえるけれど
難しいんだね これは

(O'baba)

2023年11月17日(金)
自転

お酒は好きだが、
味の良し悪しについて
そんなに気にしない私は
当然ワインのことは
全くわからない。

「エレガントでミネラリーな
 白ワインです。」と
言われても、
「はあ」と言って
終わるだろうし、

重い・軽いの違いも
わからないので
ダメである。

先日、
YouTubeを観ていると
ワインの動画が
目についた。

その中で、ソムリエが
テイスティングを
していたのだが、
それが
なかなか興味深い。


なんと、ワインの香りは
地球の自転の関係で
「右回し」と「左回し」で
変化するという。

日本は、
北半球にあるので

「右回し」すると、
穏やかな香り、
「左回し」すると、
さらに香り高くなるという。

その動画では
右回しの時には、
カシスや黒いスパイスの
香りがしていたのに、
左回しにすると、
ストッキーな香り
(野菜のゆで汁のような
青臭さを感じさせるもの)
に変化していた。

確かにグラスを
ぐるぐるぐるぐる
回していたが、
本当にそんなに
変わるのだろうか。

遠心力が大きい
インドネシアなら
より一層、
その変化を

楽しめるはずである。

ワインを飲む際には
一度お試しを。

(ワインと数の子)

2023年11月16日(木)
『久々の我が家の猫事情』

『食欲の秋』
は猫さんにも
当てはまるのか、

最近、愛猫の
食欲がすさまじい。


一食分では
足りないのか、

食べた後も
ご飯の催促
が止まらない。


しかも自分の
お気に召さない餌は

頑として拒否る・・・

さすがに
ウェットの餌を2食分も

あげたくないので、
最近はコストの安い

カリカリの餌で
ごまかしている・・・


あまり
食べすぎもよくないと

思い、我慢させていると
ずっと
ニャーニャーうるさい。


結局は
我が負けてしまう。


このままでは我が家の
エンゲル係数が
上がって
しまいかねないので

方法を模索して
いる今日この頃。


((=^・^=)好き)

2023年11月15日(水)
明日から・・・

明日から
約2週間の
個別父母面談週間
に入ります。


今回はテーマとして、

・冬休みの予定

・冬期講習について

・2月からの新学年

・帰国時期の確認

・現在の塾での学習状況

・家での学習状況

・無駄な時間の確認


主だったものを
並べてみました。

毎回、
色々な話題が出て
きますが、
2023年度が
終わりが見えて
来ました。

明日から、
宜しくお願いします。

(運動欲)

2023年11月14日(火)
『騒ぐ血』

1901年の本日、
オーストリアの
病理学者

カール・
ラントシュタイナーが

ABO式血液型を発表した。

このABO式血液型は
輸血時においては
かなり大切なものと
されるが、
日本では
医療現場とは
全く関係ないところで
話題に上ったりする。

「〜なA型」
「〜のB型」
「O型は〜」
「AB型だから〜」

「〜」の部分には
人の気質を表す語が
来るのだが、
血液型と性格の間には
統計的な関連性は
認められない、
というのが
現代の科学的見解
であるらしい。

(小型)

2023年11月13日(月)
今年の秋

もう慣れ慣れに
なってしまった
「異常な」気象。

ジャカルタでは
まだ、雨期っぽい
雨が降らない。

日本では
暑い日が続いた。
10月には秋の名物
「台風」が来なかった。

先週まで
「夏日」が続き

今週から下降し続け、
一気に
冬模様とのこと。


「2023年の秋は
短かった」

として記憶
されるそうな。


(元入道)

2023年11月11日(土)
ラジオの思い出2

BCLをごぞんじですか?

短波を受信できる
ラジオを使い、

海外の短波放送を
受信したり、

視聴したりする
趣味のことで、

私が小学生から
中学生のころに

ブームになりました。

放送を受信し、
その放送局に

「受信証明書」を送付すると、
お礼に放送局からベリカード
と呼ばれる「受信確認書」が
送られてきます。

それを集め
るのも
楽しみの一つで、
せっ
せとラジオに
耳を傾け、
「受
信報告書」を
書いて送ったも

のです。

当時は、
日本向けに日本語

国際放送を流すラジオ局が
数多くありました。

特に、
南米
エクアドルの
「アンデスの声」

放送の日本語放送を
受信できた
ときの
感動は今でも鮮明に覚え

ています。

インターネットが普及するに
つれて、短波放送自体が廃れて
しまいました。

また、短波放送

を受信できる
ラジオ自体、もう

入手が難しくなっています。

時代の変化とは言え、
すこし

寂しさを覚えますね。

(一言居士)

2023年11月10日(金)
「健康第一」

常日頃から
自分のコンディションを
良好に保つことを
心掛けている。


具体的には、
バランスの取れた
食事と適度な運動、
十分な睡眠である。

人間この3つが乱れると、
生活も体調も下がって
いくと思っていて、
この3点だけは
なんとしても
死守するように
自分に
言い聞かせている。

思い返せば、
二十歳前後の頃は、
毎日揚げ物を食べても、
あまーいジュースを
飲んでも、完徹して
眠らず学校やバイトに
行っても、
特に問題なかった。

時は流れて
現在30過ぎ。

最近は
休養不十分だと、
翌日使い物に
ならないので、
極力避ける
ようにしている。

しかし、
インドネシアで
2週間過ごしてみて、
思ったことがある。

この国では、
油断すると簡単に
バランスが崩れ
そうだということである。

あまり歩かず移動は
車やバイクばかり、
市販の飲み物や
食べ物は糖質や
脂質たっぷり。

ジャカルタの場合、
膨大な交通量と
それに伴う
大気汚染も酷い
のでその対策も必要だ。

まぁ、
色々考えることは
多いが、まずは基本に
立ち返って、
シンプルに
自分のコンディション
保つことに気を
遣っていこう。


皆さんも健康的な
生活を!
(甘いお菓子をつまみながら)


(Qiao jie)

2023年11月9日(木)
『非認知スキル』

今週は月火水で
マンスリ―テストが
実施されました
小中学生の皆さん、
受験お疲れさまでした!

テストでは
主に「認知スキル」
が問われます

認知スキルは知的な能力や
思考プロセスを指し、
数学、科学、言語などの
学問を理解するのに
関連しています

認知スキルの向上は
新しい知識を習得し、
問題を解決する力を
育むのに役立ちます

一方、今回タイトルに
書いたのは
「非認知スキル」です

非認知スキルは情熱、
忍耐、自己調整力、
コミュニケーションなどの
スキルを指します

これらのスキルは
成功に欠かせず、
将来のキャリアや
人間関係にも
大きな影響を及ぼします

非認知スキルの向上は
目標を達成し、
ストレスに対処し、
他人と協力する力を
養うのに役立ちます

マンスリーテスト後には
普通科・進学科における
クラス編成の見直しを
行うのですが、
認知スキルは基準に達して
いても、非認知スキルの
乏しさからクラスを
見直さざるを得ない生徒
というのが一定数います

持続的な学びを促進する
ために、認知スキルと
非認知スキルの両方を育む
教育環境の整備は必須
でしょうし、このAI(認知
スキル)が発達した社会に
おいては「非認知スキル」
を磨くことは重要です

(世運隆替)

2023年11月8日(水)
『異文化体験』

世界第4位の
コーヒー豆
産出国だけあって

大賑わいだった
ジャカルタ
コーヒーウィーク


たくさんの種類
の豆が並ぶ中

淹れ方も楽しめる
コーヒーに遭遇した

挽いたコーヒーの粉を
いれたカップに
熱湯を注ぐ


そこに 
燃えさかる

子供の拳大の
炭を2つ投入


炭の芯に
あった朱色が

一瞬のうちに消え
まるで黒い氷のごとく
ぷかぷかと 
黒い液体の中に浮かぶ

飲んでみると
まさしく
炭焼きコーヒーのよう

温度も保たれ
とてもおいしく
飲むことができた

コーヒーを通しての
異文化交流
驚くことばかりである

(O'baba)

2023年11月7日(火)
ヒーロー

一言で
公務員といっても

その職種は多岐に渡り、
ほとんどの職種では
マイナスな
イメージが付きまとう。

こそこそ
取り締まりをしている

警察官は嫌いだし、
役所などの
事務職の人も

どこか冷たい
感じを受ける。


学校の先生も
その苛酷な

勤務実態からか
志望者が
減っているし、
自衛隊は
その活動そのものを

妨害されることもある。

そんな公務員だが、
私の中では消防士だけは
ずっとヒーローである。

その中には救急隊も
含まれるが、
あの人たちの

悪口を
聞いたことがない。


というのは、
その職務が

「人命を助けること」の
一点に集中しており、
人びとの不興を買う
可能性が低いからだと
私は考えている。

その昔、
「め組の大吾」という

漫画があったが、
あの漫画に

憧れて消防士を
目指した人も

多いだろう。

とにかく
カッコいいのである。


とある日の朝
のことである。

気持ちよく
寝ていたのに、

サイレンの音がうるさく
目が覚めた。

Xで検索してみると、
どうも近くで火事が
あったらしい。

ベランダから
のぞいて見ると

確かに遠くに煙が
上がっているのが
目視できる。


さらに情報を
検索してみると

ジャカルタ消防局?の
Xに消火活動中の動画が
ポストされていた。

そこには
数台の消防車と

懸命に消火活動をしている
消防士の姿があった。

ところが、
よく見ると

のびたホースの途中が
破れて、
そこから大量の水が

噴射されている。

そのせいで水圧も
変わるだろうし、
消火活動にも
悪影響がでることは
間違いない。

インドネシアでは
装備品の点検は
しないのだろうか。

初めて消防士に
マイナスイメージが
ついた。

(pahlawan)

2023年11月6日(月)
『鍋の日』

明日は
『鍋の日』らしい。


理由は
この日から立冬となる

場合が多いから・・・

一年中
常夏のジャカルタ。

鍋を食べる
機会はほぼ皆無。


意見は
いろいろあるが、

我は寒い気候でないと
鍋を食べる
気すら起きない・・・


基本的には
気のおけない家族や
友人と囲む鍋は
好きなのだが。

最近台湾好きの
友人
に誘われて
『麻辣湯』なる

鍋を食したが、
やはり
寒い日に
食べたいな〜

と思った。

そもそも
我には辛すぎ&

油が多すぎて、
ほぼ
友人に
食してもらう始末。


みなさんはどんな鍋が
お好みですか?

(我はポン酢派( *´艸`))

2023年11月4日(土)
来週はマンスリー!

来週は全学年、
マンスリーテストです。

今年のマンスリー
11月、12月の
残り2回!

時がどんどん過ぎて
あっという間に
次の学年・・・
土日の復習に
かかっていますね。

今年の入試も
幕が明け、
合格者、第1号が
出ています。

塾の掲示板、
及び
ホームページの
合格速報、
どんどん更新して
いきます。
ご期待下さい。

冬期講習前の
個別父母面談も
再来週から
始まります。
ご連絡を
お待ちください。

(運動欲)

2023年11月3日(金)
『文化の日』

本日、日本は
「文化の日」で祝日。

私が幼少の頃、
祖母が
「(11月3日は)
昔は『メイジセツ』と
言っていたのにねえ」
と話していたのを
覚えている。

おかげで
「明治節」という
文字列を見た時、
「メイジブシ」と
読まずにすんだ。

「メイジブシ」
と言うと、
カツオ節のような
食材か、
ソーラン節のような
民謡を
思い描いてしまう。

なお、文化の日は
明治とはあまり
関係がない。

日本国憲法の
公布を記念し、
平和と文化を
推進するために
制定された。

(非文化人)

2023年11月2日(木)
ラジオの思い出 その1

現代の中高生の
必須アイテムと

言えば「スマホ」ですが、
私の
中学・高校時代は
「ラジオ」で
した。

当時は深夜放送が
充実しており、

眠いの我慢して
聴いたものです。


とりわけ人気が
あったのが、

ニッポン放送の
「オールナイト
ニッポン」
・文化放送の
「セイ
ヤング」
・TBSの「パックイン

ミュージック」の
3番組でした。


毎日パーソナリティが
変わるので、

お気に入りの
番組を見つけては

聴きました。

木曜日深夜の
ビートたけしの

「オールナイトニッポン」は
聞き逃すと
次の日の話題について

いけなくなるくらい
中高生に圧倒的

に人気がありました。

先日亡くなられた
谷村新司の

「セイヤング」
もよく聴いたもの
です。
「天才秀才バカ」とういう

名物コーナーがあり、
毎週楽しみ

にしていました。

夜更かしすると
母親に叱られるの
で、
寝床に入り蒲団を
かぶって、

イヤホーンを
使って聴いたのですが、

そういう習慣
とというか文化が
廃れて
しまったのは
寂しい限りです。


(日々是好日)

2023年11月1日(水)
[Bahasa Indonesia]

恥ずかしながら、
インドネシアに
来るにあたって
全くインドネシア語を
勉強してこなかった。

マレーシアに
住んでいた頃、
英語で十分生活
できていたので、
マレーシアほどで
ないにしても、
インドネシアでも
なんとかなるだろうと
甘く考えていたのだ。

実際に来てみて
一週間が経ったが、
今はインドネシア語
を勉強しなければ!!
とヒシヒシと感じている。

まず第一に
街中に英語が
あまり無いのだ。

ほぼほぼ
インドネシア語
のみの表記で
外国資本のお店等なら、
英語があるかな、、
という具合である。

QOLを上げるためにも
現地語である
インドネシア語を習得し、
インドネシアの魅力に
迫っていきたい
ものである。

とは言うものの、
自分の場合
具体的な短期目標が
ないと確実に
だらけるので、
インドネシア語検定を
受けてみることにした。

この検定は
日本国内だけでなく、
ジャカルタとバリでも
受験可能ということで、
俄然その気になっている
次第である。

まずは旅行が
楽しめる程度
というD級の合格を目指し、
コツコツやっていきたい。

皆さんは最近何を
勉強していますか?


(コツコツがコツ)