<<前のページ | 次のページ>> | 次のページ>>
2019年1月31日(木)
読書

日々の生活において
誰かと共にする時間
がほとんどで
一人の時間なんて
なかったが
最近ふと
時間ができた

ぽっかりあいて
めちゃめちゃうれしい

誰かといる時間もいいが
誰にも邪魔されずに
自分の好きなことを
できる時間は
こと現代社会において
貴重だと思う

ということで
夜は携帯もシャットして
専ら一人の時間を
楽しんでいる

直近読んでるのは
山口周の
『武器になる哲学』

超序盤の
プロローグ部分で
やばいなこの本
と思える良書

以上
日々の活動報告でした

(だれのため)

2019年1月30日(水)
自動なやつ

若輩者の
私が言うのも

おこがましいか、
世の中は

間違いなく便利に
なっている。


ボタン操作だけで
色々な店の

ご飯を食することが
できたり、

タクシーを呼ぶ
ことができたり、

更には
日本の空港では

出入国審査も
自動でできる。

ありがたい
限りである。


ただ、
なぜこれだけ
科学技術が

発展して
いっているのに、

未だに、
本物の痩せ薬が

開発されないのが
不満であり、

私の欲求は
満たされていない。


私は一人酒を
することが、

時折あるのだが、
座る席も
大体決まっている。

私がよく
お邪魔する店は

お気に入りの席が
後ろから
見られないように

入り口付近の
席のため、

人の出入りが
目につく。


誰が入って
きたのかは

気にはしないが、
ドアを
開けたままで、

そのままに
する人が多い。


入ってくる人は
自動ドアだと
思っている
のだろうか。

それとも、
ドアは店員が

閉めるものと
傲慢さを

出している
のだろうか。


インドネシア人
だけでなく

日本人でも
閉めない人が多い。

便利だからこそ、
使う人の倫理観は
求められる。


開けたら閉める。
食べたら太る。

わかっては
いるけど、つい・・・

という点では
同レベル
なのだろうか。


(ゴルゴ13)

2019年1月29日(火)
新年度開始

いよいよ
新年度が
始まりました。

そして、来週には
新学年最初の

マンスリーテストが
あります。

さらに中学生は
学年末考査が

その後ろに
控えています。


新年度が始まって
まずはテストで

力試しです。
今年度の課題を
見つけましょう。


新年度が始まると、
どんどん新学年の
授業は進みます。

塾をお探しの方、
検討中の方

まずはお早めに
ご相談ください。


(スタートダッシュ)

2019年1月28日(月)
『本日から新年度』

表題通りです。
ファイでは学年が
一つ上がりました。


今までと
同じ先生、違う先生。

子どもたちも
どの先生なるか

ドキドキ、わくわく
してるようです。

ちょっぴり不安も
ありそうですが…(^^ゞ


先週あたりから、
『僕達、私達
の先生誰~?』

という質問を
いっぱいされました。


子供たちの期待を
裏切らないよう

教師陣も本日より
気合い十分で

臨みます。

本年度も
よろしくお願い致します。


(体調管理頑張りたい(^_^;))

2019年1月26日(土)
とうとう!!!

来週の月曜日から
2019年度が
スタートします。

新学年開始は
毎年ながら、
教師も生徒同様
ワクワクします。

塾生の気合いの
入り方はそれぞれ
学年色はありますが、
心に秘めている
目標が垣間見える
チャンスと思えます。

授業の始めに
それぞれ担当の教師
から喝を入れられ、
やるぞーっという
気持ちがさらに増す事を
期待しております。

新年度開始から
すぐに面談週間、
さらに春期講習会が
待ち構えています。

楽しみにしています。

(運動不足解消中)

2019年1月25日(金)
「そうは、させん。」

いにしえの中国では
右を貴び、
左を卑しむ

考え方が
あったそうな。


この「左」に
「遷都」や「孟母三遷」
で使われる「移動」を
意味する「遷」を加えて
できた熟語が
「左遷」である。

左遷された
人物の中で

最も有名なのは
菅原道真であろうか。
この時期、
にわかに

信者が増加する
天神様が

大宰府に
左遷されたのが

今から約1100年前の
延喜元年1月25日だった
そうな。

ということで、
どちらのどなたが
決めたのかは
全く不明だが、

本日は
「左遷の日」らしい。


(左党)

2019年1月24日(木)
MOJA MUSEUM

昨年にオープンし、
いつか行こうと

思っていた
「MOJA MUSEUM」
に行って
きました。

いわゆる体験型の
ミュージアムで、

視覚だけでなく、
聴覚、触覚、味覚

嗅覚の五感全てを
刺激してくれる
空間が
随所に
広がっています。


詳しく書くと
ネタバレしてしまう
ので、詳細は

書きませんが、
ポンドックインダ
教室からも

歩いて行ける
距離にありますので、
是非一度

足を運んでみて下さい。

(一言居士)

2019年1月23日(水)
無題

覚悟に勝る決断なし

2019年1月22日(火)
季節を感じる「1月」

気がつくと
朝はスコール、
昼はしとしと雨、
夕方にまたスコール。

雨期だなぁ。
雨期の中でも
1月はいつもこうだ。

2週間雨が続いた
記憶がある。


今季は冠水による
大渋滞を
まだ聞いていない。

ジャカルタも
改善されつつあるのか、

それともこれからか?

ところで、今季も
インフルエンザが
日本だけではなく
ここジャカルタでも
少しばかり猛威を
振るっている


最近知ったが
インフルエンザ
ウイルスには

紅茶がかなり
有効だとのこと。


理屈は置いておいて
まずはお試しあれ。

(入道)

2019年1月21日(月)
「気持ちは夏に」

今年の
サマーソニックの
ヘッドライナー

が発表させた。
自分の中では

アークティック
モンキーズを
予想していた。

なぜなら、
アルバムを
2018年に出して、

日本に来ていない
からである。

もし、来るなら
フジロックまたは
サマーソニック。


通常は2日間の
開催だが、

今年は20周年記念で、
3日間の開催。

可能性としては、
サマーソニックだと
思っていた。

大きな期待を持って、
発表を待っていたが、

レッドホットチリペッパーズ、
B'z、

ザ・チェインスモーカズ
であった。

どのアーティストも
大物だが、

正直な感想は、
がっかりであった。

20周年の節目で
、過去に様々な

アーティストを
ネゴシエーション

している中で、
このラインナップは…

という感じである。

2017年にも
あった事だが、

今年の
ヘッドライナー発表
の前日に

ザ・チェインスモーカズ
の出演がリークされていた。

これは本当に
やめて頂きたい。

期待を変に煽ら
せるからである。

今年の夏は、
サマーソニックの
ラインナップ・日割り

によって一時帰国
するかどうかを
決めている。

フォールズが
もし出るなら、
是非行きたいと思う。

クリエイティブマン
の仕事に期待したい。


(ミスター506)

2019年1月19日(土)
化粧

美容関係の
仕事をしている

母から幼いころより
スキンケアや
化粧について

教えこまれてきた。

先日、
実家から化粧品が
届いたのだが

頼んだもの以外に
普段私がサボって
使わないでいる

道具まで入っており、
言葉はなくとも
手を抜くなとの
メッセージを感じた。


しかしそもそも
女性は化粧を
すべきなのか。

大人の女性としての
マナーなのか。


今や男性も
化粧をする人が

いる時代であり
化粧=女性でも
なくなってきた。

社会が何を
常識・マナーと
するのかは

常に変動する。

その中で自分は
どうしたいのか

どう他者から
見られたいのか

自分の立ち位置を
自分で決定して
いかなければならない。


個人的には
化粧をしないで
出かけることは

パジャマのままで
歩いているのと

同じ感覚。

(ありのままと手抜きは違う)

2019年1月18日(金)
1日3単語

2019年を迎えて
2週間が経った

昨年末に
インドネシア語
1日3単語
を目標のひとつに掲げた

軽くこなせる目標値
なので
・何があっても
毎日必ず行う

・日常のアンテナ
感度をあげる

というのが
意味付けである


もう2週間経ったら
1カ月の節目なので
振り返りと
目標設定の再考
をしようと
思っています


角度をあげても
いけるか

長期で見たとき
に目標を
達成できる角度か


なんだかんだ毎日
楽しんでいます

(日々に変化を)

2019年1月17日(木)
24年目

1月17日の今日、
阪神淡路大震災
から24年が経つ。


当時、我が小学校に
避難してきた彼女は
少林寺拳法を
習っていたそうだ。
ショートカットの
影響もあってか
強そうに見えた。

「私の後ろには
立たないで。

反射的に攻撃を
してしまう。」

と自己紹介時に
語ったのは

未だに
忘れられない。


とにかく誰にでも
強気にいき、

本当に手を出してくる
彼女に対し、

男子はほとんど
相手にしない。

女子も数名以外は
敬遠していた。

そんな彼女が
我が母校にいたのは

数か月
だけだったと思う。


地元に戻ることが
決まった

彼女は突然、
「実はイチローは
私の親戚だ」

と告白を始めた。
更に、
「お願いすれば
サインをもらえる」

と言うので、
ほぼクラス全員から

住所と名前を
書いた紙を

受け取っていたが
24年経った今でも

届いていない。

また、
あれから24年が過ぎ、

武道を学んだし、
色々な映画や漫画も
観てきたが、
「後から
襲ってくる人を殴る」

登場人物はいても、
「後ろに立っただけ
の人を殴る」

ものには
出会っていない。


何故、
彼女は最後にも

嘘をついて
帰っていたのだろうか。

元々そのような
性格だったのか、

震災のショック
で何かあったのか、

大阪人が
嫌いだったのかは

わからない。

ただ毎年、
震災の日が来る度に

あの人のことを
思い出す。


イチローの
サインが欲しい・・・


(合掌)

2019年1月16日(水)
新年度・新受験生

今年度も
そろそろ終わり、

2週間後には
2019年度が
始まります。


しかし、
今年の入試は

まだまだ
終わりません。

受験生はむしろ
ここからが佳境
という人も

いると思います。
最後まで一緒に
頑張りましょう。


そして、
2週間後から

新受験生になる
人たちは、

先輩たちの
合格掲示を見たり、

自習している姿を
目に焼き付けて

おいてください。

ちょうど1年後には
あなたたちの名前が、
勉強している姿が、
そこにあるはずです。

(先輩に続け)

2019年1月15日(火)
成人式

昨日は成人の日。
(自称)20歳の
私なので、

今日は成人式
なのですが、

まぁそんなことは
おいといて。


こっちにいると
季節感が無いですが、

日本では冬。

振袖ともこもこの
ショールが定番。

たまに袴の人もいて、
そういう人は
濃いメイク

だったりするので、
極妻か?!
となります。


ところで、
極妻って

通じるん
でしょうか。


最近だけでは
ないですが、

ちょこちょこ
ジェネレーション
ギャップを

感じることが
あります。


こうして時代は
変わって
いくんでしょうか。


(モコモコは着なかった)

2019年1月14日(月)
『日本のオドモ…』

今年も成人式で
大暴れした新成人の
ニュース…

毎年のことながら
ため息が出る…

私達は
何を持って
大人というのか???

いい年過ぎても
子どもみたいな
大人もいれば、
小学生でもきちんと
物事を
考えられる子もいる…


『大人検知器』を
発明したら
ノーベル賞もの

だろうか?

自分も含めて
日々大人のふるまい
を考えなくてはと
思う今日この頃…

(日々精進(-"-))

2019年1月12日(土)
19年度説明会そして1月授業

明日は2019年度
新学期説明会です。
前半は小学部、
後半は中学部です。
是非、足を運んで下さい。

毎年、1月の下旬から
ファイでは新学年の
学習がスタートします。

ファイでは
1月、2月、3月は
学年に新をつけて
呼びます。
旧学年と区別する為です。
例えばJJSで6年生は
新中学1年生になります。
時間帯が大きく
変わるのが
新中学1年生です。
夕方から夜の
時間帯に授業時間が
移行します。

この1月は
全学年最終月にあたり
各学年の総まとめです。
理解不十分な単元は
絶対にここでさらなる
復習をして下さい。

特に新受験学年に
なる生徒はしっかりと
学習リズムの
見直しを心がけて
下さい。

新学年まで
残り2週間。
教師もがんがん
攻めていきます。
しっかりついてきて
下さい。

(今日は走る)

2019年1月11日(金)
「ひらけ、カガミ」

特定の状況においては
悪印象を与えるため、
使用を避けるべき言葉。
というのが
「忌み詞(いみことば)」
の意味するものである。
例えば、受験期において
「滑る」「落ちる」などは
忌み詞となる。

そして、忌み詞には
言い換え表現がある。

複数ある受験校の
第一校目に合格した者に
「見事な滑り出しだね」
などと言ってはいけない。
「幸先の良い始まりだね」

机の上の消しゴムが
何らかの拍子で
その場所から移動し、
鉛直方向を含む
物理的運動を行った時も
「あ、落ちた」は
とんでもない禁句である。
「お、地球の中心に
向かって行った」

さて、その昔、武家では
正月11日に鏡餅を割って
食す風習があった。
ただ、武士社会において
「割る」は切腹につながる
忌み言葉であるため、
「開く」で言い換え、
この風習を「鏡開き」
と呼んだ。

現代でも、算数の時間に
武士を先祖とする人々は
「割り算」と言わずに
「開き算(ひらきざん)」
という語を使っている。
……らしい。

(馬の骨)

2019年1月10日(木)
平成最後の・・・

平成に代わる
新たな年号が
4月1日に

発表されることが
決まりました。


新たな年号が
何に決まるのかも
興味深い
ですが、
いずれにせよ、
あと4か月で平成が

終了することに
なります。つまり、
「平成31年」

は4か月で
終わって
しまうんですね。


この間、
よく耳にしたのは、
「平成最後の・・・」

という言葉。
「平成最後のクリスマス」
「平成
最後の紅白」
「平成最後のお正月」・・・。


とにかく、
元号の変わり目に
立ち会える機会は

そうそうあるものでは
ないので、
楽しみにしま
しょう。

(日々是好日)

2019年1月9日(水)
時代

一昨日の話題
なので躊躇した
のですが

今年で平成も
終わるの…敢えて


今から30年前の
昭和64年(1989年)
1月7日は
裕仁天皇
崩御された日です。

この日は
「昭和」最後の日。


そして皇太子の
明仁親王が即位

翌日の8日午前0時
を以て改元
「平成」
とする事が
発表されました。

1月13日裕仁天皇は
昭和天皇と
追号される。


今年2019年
の4月30日で
「平成」が終わります。

そして5月1日には
新しい時代の幕開け


僕の人生の
唯一の自慢

今上天皇
(昭仁天皇)に

拝謁させて
いただき、

その上、お声を
かけいて
いただいたこと。


それも、
薄れてしまうのか…

いや、お言葉は強く、
胸に刻んであるので

支えにさせて
いただき、
新し時代に向かう。


日本の三時代を
生きることになる

僕は何を思い、
何をすべきなのか。

何ができるのか

この激動の時代に
生をうけ
それを
感じることが
できることに感謝。


「昭和」
「平成」
おもろかった。


これからも
おもろくなるで

ワクワク

2019年1月8日(火)
年末年始

先日、
ある生徒が、

お茶で、薬を
飲もうとしていた。


その場で、
「薬はお茶で
飲んではいけない。

効果が薄まるから。
水で飲みなさい。」
と、教師っぽく注意。

確認のため
調べてみると、

お茶と一緒に
飲んでも

問題なく
なって”きた”

とか
お茶と一緒に
飲んでも

問題ないことが
”わかった”


進歩した?ようだ。

時代に追い
つけていない

教師でした。

(入道)

2019年1月7日(月)
「今週水曜日は・・・」

冬期講習会が
終わり、

今日が
最初の通常授業。


一時帰国で
冬期講習会参加

参加できなかった
生徒に会えて

良かったですが、
一時帰国中でも

しっかり勉強は
しましたか?


今週水曜日は
全学年マンスリー

テストです。
冬休み中の勉強

の成果を
見せて下さい。


(ミスター506)

2019年1月5日(土)
最終日

今日で
冬期講習が

終了します。

やり残しのないよう
最後まで気を抜かず
やりきりましょう。

そして明日からも
せっかく身に着いた
日々の
学習習慣を維持し

新学期のスタートを
きれるようにしましょう。

さて、
講習会前あたりから
体調不良で
お休みする生徒が

多くみられました。
健康を
新年の目標にたてる

ファイ教師もちらほら。
私もその一人。

・バランスの
とれた食生活

・良質な睡眠
・適度な運動

以上3つを心がけ、
健康的な生活を
目指しましょう。

ちなみにWHO
がかかげる

運動不足の定義は
「週に150分の緩い運動
もしくは75分の
激しい運動を

しない人」である。

1日8000歩(早歩き20分)
もしくはヨガや筋トレ。
朝の涼しい時間を
有効に
活用しようかしら。


(運動服を買おう)

2019年1月4日(金)
新年

昨年末は
吐き気と下痢に
苛まれ
せっかくの
国内旅行も

個人的には
ハードな旅に

なってしまいました。

ジャカルタに
戻ってくると

体調も復活し、
花火とともに
万全の状態で
新年を迎えることが
できました。

病は気からと
言いますし

精神面にも
影響が出るので

体調管理は
大事ですね

病が先なのか、
メンタルが先なのか

ベクトルの方向は
分かりませんが

密接に関わっていると
思っています。

今年の目標は
まずは
体調管理!

ばりばりがんばります。

(新年さっそく鼻水)

2019年1月3日(木)
謹賀新年

2018年の私生活を
顧みると

良かったことより
悪かったことの方が
多くあった。

私生活で
一番良かったのは

5月に始めた禁煙が
まだ続いている
ことだろうか。

特に吸いたいと
思う気持ちも

無いので、
結構気楽に

続けている。
ただ、残念ながら、
禁煙の効果を
感じることは全くない。
私の体内では、何かが
良くなっていることを
信じるしかないが、
別に他人に禁煙を
すすめたい
とも思わない。


逆に、
悪かった方も健康面に

関することで、
・飲酒量の増加
・体重の増加
・味覚障害
・抜け毛
の四点がすぐに
思い浮かぶ。


特に味覚障害
については、

味を感じないことが
本当に増えてきて、
実は真面目に
悩んでおり、

亜鉛のサプリを
購入したほどである。


年末年始の休暇を
利用して、

数回、寝起きから、
夜までダラダラと飲み、
その背徳感を
覚えながらも

ストレス発散をした。

ただ、
当然のことながら

暴飲暴食を
繰り返した

この6日間は
不健康な
生活であった。


2019年は、
もう少し自分の

「健康」に気を
使っていこうと

考えている。
とりあえずは、夏以降、
急激に増えていた
外食のペースを
減らさなければ。

(気分一新)