<<前のページ | 次のページ>>
2018年6月8日(金)
レバラン休みに入ります

今日で通常授業が
一旦終了し、

レバラン休みに
入ります。


2週間近くある
長い休みなので、

ダラダラ過ごすことなく、
メリハリの

ある日々を
過ごしましょう。


受験科や中学生を
中心にまとまった

量の宿題を出して
いますので、計画を

立てて進めて
いってください。

(一言居士)

2018年6月7日(木)
「テスト、テスト&テスト」

今日・明日と
マンスリーテストです。

中間テストが終わり、
気が抜けて
いないだろうか?


しっかりと実力を
見せつけて下さい。


レバランが明けたら、
期末テスト
マンスリーテストです。

レバラン中は、
ダラダラせずに、

メリハリをつけて
過ごしましょう。


(ミスター506)

2018年6月6日(水)
karoushi

この言葉が海外で通じる
という話が授業中
話題になった。

実際の私の経験として
オーストラリアにいるときも
ペルーにいるときも
チリにいるときも
その他にも様々な国で
様々な国の人々と
この話をした。

なぜ日本は
あんなに裕福なのに

自分で命を
絶つ人が多いのかと。


現在、
”働き方改革”
というワードが

ほぼ毎日ニュースや
新聞に出てくるが

果たして制度を
整えることが

この解決に
つながるのだろうか?


学ぶこと
働くこと
生きること

子どもたちと一緒に
考えていこうと思う。

(先生、人間って
なんでストレス
たまるの(小6))

2018年6月5日(火)
老後の日

6月5日は老後の日。
自身の老後。
まだまだ先だ。
想像つかない。


しかし、
若い世代にとっての

老後は明らかに
今のものとは

変わっている。
という。


現在10歳の子は
半数以上が

107歳まで生き、
『一億総
きんさんぎんさん時代』

が幕を開ける。

100歳まで
生きるのが「普通」の時代

がやってくる。

50歳で不健康になると、、、、

50年間不健康なのは
嫌だなとか

人生の半分病院は、
洒落にならん!


などと考えつつ、
健康には気を
付けようと思う。


(人生長い)

2018年6月4日(月)
辞書

わからない単語を調べるのに
便利なものが辞書である。

先日、とあるJAWA語の歌を
聞いていて、
何を言っているのか

意味がわからないので、
ここは勉強のためにも
ジャワ語の辞書を
購入するのも

ありかと思い、
友達にお願いをして

一緒に辞書を探した。

友達も私の性格を
熟知しており、

私が少し良さげな、
つまり高そうな

辞書を手に取ると、
「どうせすぐに
飽きるんだから

安いしろ。」
と警告をしてくれた。

最終的には、
5万ルピア程度の

辞書を購入し、
帰宅したのち、

さあ、勉強を始めようを
単語を調べだしたのだが、
一単語目から
載っていない。

別の単語を
調べても載っていない。


私の心は
そこで折れてしまい、

私のジャワ語
勉強へのモチベーションは

なくなってしまった。

後でその歌の歌詞に
ついて尋ねると、

ジャワ語とインドネシア語が
混ざっており、

しかも若者言葉も
混ざっているという。


日本語初学者
がいきなり
こてこての
関西弁を勉強しようと

しているのと
似たようなものであろうか。


新しいことに
挑戦するためには、

とっつきやすさが大切だが、
ジャワ語の勉強に
対するとっつきやすさとは

なんだろう。

(ほぼ未使用)

2018年6月2日(土)
「新学年初定期考査」

中間考査が終わりました。
各々良かったところ、
悪かったところあると
思います。
反省すべき点は、
しっかりと反省して
次につなげてください。

点数が思ったよりも
伸びなかった人は
決して単なる
ケアレスミスなどと
甘く見ないでください。

点数が伸び悩む子は
ミスに対する自分の認識が
低すぎることがあります。

甘く見ず、軽んじず、
理解はしていると言うのなら、
次は点数につなげる努力を
しましょう。

細かいミス一つとっても
反省すべき点は
多々あります。

次につなげる
努力をしましょう。

(次はマンスリー)

2018年6月1日(金)
アボカド祭り

前回の料理教室の話。
メニューは
知っていたのですが、

予想を超える
アボカドが用意
されていました。

ちなみに私は
アボカドが好きでは
ありません。


作ったのは
・アボカドチーズ
オムレツオープンサンド

・アボカドソルベ
・サーモングリル 
ポーチドエッグ添え
オランデーズソース

の3品。

アボカドソルベは、
正直、

うーん・・・という
感じだったのですが、

オープンサンドは大当たり!
あれ、私アボカド
嫌いだよね?

となるほどでした。

その日、
さっそくスーパーで
アボカドを買って帰宅。

本来は
フードプロセッサーで

アボカドをペーストに
するのですが、

持っていないので
ひたすらたたきのごとく

包丁だけでペースト
を作りました。


美味しくできましたが、
腕が疲れるので、
気持ちに余裕がある時

しか今後は
登場しないと思います・・・。


(また教室に行きたい)