<<前のページ | 次のページ>>
2019年3月26日(火)
最終日

講習会中
とある受験生が
帰り際一人で
にこにこしていた。
不思議に思い
どうしたのかと
聞くと
授業と
宿題が楽しくて

と笑顔で
答えてくれた。


彼だけではなく
この講習会中、
普段よりも
いきいきしながら
学習に取り
組んでいる姿が

多く見られた
ように思う。


このやる気スイッチを
ONの状態のまま
維持するためには
明日の過ごし方は
大切かもしれない。

(おつかれさま)

2019年3月25日(月)
一言

シンプルに
考えることは難しい


哲学者パスカルが

「今日は時間が
無かったので
このような

長い手紙になった
ことをお許しください」


と友人に手紙を
送ったのは有名


『人間は考える
葦である』


という言葉は
膨大な時間と
労力を費やし

哲学的な
思考と反証

の繰り返しの末
生み出された
「一言」である



「今日の一言」

急に難しいな

(講習ラスト2日)

2019年3月24日(日)
レシピ通り

料理のできない
私だが、

文字は読める。

従って、理論上は
レシピ通りに

料理をすれば
美味しいものを

作ることができる
はずなのだが、

不思議と
そうはならない。


先日、とある
動画を見ていて

唐揚げを作っていた。

男の手料理で、

簡単がモットー
とのことで、

それならばと
観ていた

動画の内容は
概ね以下のような
ものであった。

1 鶏肉に酒を
  かけて揉む

  (臭い消し)
2 すりおろし
  ニンニクたくさん、

  (チューブ2本分)
  すりおろし
  生姜加え、

  醤油を肉が
  ヒタヒタに

  浸かるぐらい
  入れる。

3 味の決め手の
  ハチミツを

  たくさんいれる。
4 30分ほと
  漬込んだ後、

  片栗粉を
  まぶして揚げる。

5 出演者が
  「美味しい、
  美味しい」と

  言って食べる

なお、分量は
男の手料理なので

全て目分量で
よいとあった。


全てのものを準備し、
実際に作ってみたが、
自己評価は45点。

ニンニクも
たくさん(10片以上)

入れたはずなのに、
ニンニクを
感じることもなく、

ハチミツの
甘さが気になり、

私には合わなかった。

その反省を活かし、
2回目は

スーパーに売っていた
唐揚げ粉
(インドネシアメーカー)
購入。
これならば
失敗することはない、と

鶏肉にまぶして
揚げたが、

これまた口に
合わない。

仕方がないので、
塩コショウ、
ポン酢、醤油、

マヨネーズを
つけてみたが

どれも合わない。

何が悪いのかと
考えたところ

私の料理の腕が
悪いので

致し方ないという
結論に達した。

やはり料理は
必要最小限にしよう。


料理音痴の
私の舌が

死んでいるのも
仕方がないのかも

しれない。

(あと3日)

2019年3月23日(土)
A日程折り返し

A日程も
折り返し地点を
過ぎました。

新受験生たちは
毎日の勉強の疲れが

出てきてつらい
時期だと思います。


建造物に例えるなら、
今は受験生としての
地盤を築いて
いるところ

だと言えます。

今までの
生活を見直し、

非効率なところ、
だらだらして
しまっているところを

見つけ、集中して
勉強する時間を

確保する練習をする。
まずは、絶対的な
勉強量を増やす

ことが目標です。

そして、
基本的な知識、
計算力の

精度を上げ、
得点源を作り、

入試での確実な
得点の土台を

作ることが目標です。

確実に点が
取れるというところを

持っていると、
得点が安定し、

入試本番で必ず
強みになります。

また、
講習会ではまだ、

勉強をやらされ
ている感覚でいると

思いますが、
いざ自らやろうと
思ったとき、

入試直前期、
自分の弱みを

埋める最後の
追い込みの時、

甘えをなくし、
勉強する時間を

確保できることは
最後の学力UPを
支えます。


今日が終われば
残りは3日です。

日々をコツコツと
こなし、
最後まで
頑張り抜きましょう。

(疲労がじわじわと)

2019年3月22日(金)
『地下鉄』

『MRTジャカルタ』
が遂に完成しましたね。
ここ数年工事の様子を
日々みておりましたが、
出来るもんですね…

日本の技術を
用いての施工も

もちろん
素晴らしいですが、

地下鉄を実際に
作り上げた

インドネシアの
労働者を

やっぱりすごいと
思うのです。


あの巨大建造物も
最初は何も
なかったわけで

日々の一歩一歩の
努力の賜物です。

そんな光景を
目の当たりに
しながら

日々努力を
積み重ねることが

大きな飛躍を
生み出す象徴のような

気がしてなりません。

講習会で
頑張っている生徒、

特に受験学年は
本当に大変な

講習会ですが、
その先に

待っている結果を
信じて
頑張って
ほしいものです。


(地下鉄初心者(^^)/)

2019年3月21日(木)
春期講習A日程三日目

今日で三日目ですね。
まだまだ先は長いです。
教える事は山ほど
あります。

子供達の学習に
対する姿勢は
素晴らしいですね。

4月の新学期、
大きな差はここから
うまれてきます。

びっくりする
ほどの差がつきますよ!
その時、初めて
春期講習会の大きさを
知るでしょう。

日本で遊び
すぎるなよ。戻って
きてから驚く事に
なっているぞ。
戻すのは三倍の
労力がかかると
言われています。

本当に充実した
休みを送って下さい。
今、この時間を
大切に!!

(筋肉痛)

2019年3月20日(水)
「へ」



(最短詩人)

2019年3月19日(火)
「漢検」結果を返却しています

去る1月に
行われた
2018年度第3回

「漢検」の結果が
日本から
届きました。


受検者には
順次お返しして
いきますが、

やはりきちんと
受検準備を
して臨んだ

人は合格して
いるし、片手間
しか準備
をして
いない生徒は
残念な結果に
終わって

いる印象です。

次回の「漢検」は
6月16日(日)です。

レバラン休み後の
検定なので、
休みを利用

して十分に
準備ができます。
受検予定者は

しっかりと準備を
して臨みましょう。


(日々是好日)

2019年3月15日(金)
春はもうすぐ

今日でPHI 
3月度終了。


新年度…
第一ピリオド
が…って

とこかな。

各々のスコアは
…自己評価は

いかがですか。

しっかり分析
をして、
第二ピリオドに
むけて

修正をしましょう。

受験生にとっては、
いよいよ

「PHIの伝統
怒涛の
春期講習会」が

来週の火曜日
19日から
はじまります。


ここでの頑張りが、
来春の満足に
繋がる。

序章が終わり、
ある意味本格的に

受験生モードに突入。
修行をクリア
したものは、
必ず成長できる。

やるしかない。
私たちも
精一杯応援します。


新中1生・
新小1生はもちろん、

受験生以外
の塾生も

学校の新入学・
新年度に向けての

準備ができる
二週間です。

基礎固めを
しっかりしましょう。


よく学び、
よく遊び

メリハリのある
春休みに
してください。

2019年3月14日(木)
日付と出来事

以前2・26
とか5・15

は昭和の事件を
意味していた。


平成では、
9・11、

1・17、3・11
が特別な
意味をもって

耳に入ってくる。

2・14とか
3・14、

なんか
くだらねぇなぁ。


(入道)

2019年3月13日(水)
「今週の日曜日は・・・」

今週の日曜日は
ピザパーティーです。


受験生、
お疲れ様でした。

この日はみんなで
集まるのが

最後だと思います。
沢山食べて

話してPHI での
思い出の一つに

して下さい。

それでは
日曜日に
お会いしましょう。


(ミスター506)

2019年3月12日(火)
東日本大震災の後

地元では
夏休みに福島の
子どもたちを招き
お寺で合宿を
行っていた。

私もボランティア
として
数度参加
したことがある。


福島では外で
あまり遊べない分

ここぞとばかりに
はしゃぎまわる
子供たち。

しかし夜になると
泣き声が
聞こえてくる。

話を聞くと
ぽつりぽつりと
普段感じている
将来や
自分の体に関する

不安を話し出す。

大人の会話や
雰囲気から
彼らは日々
敏感に

漠然とした
不安感を

感じ取って
いたのだろう。


子どもたちが
安心できる
環境づくりが

最も大切なのだ
強く思う。


(今あの子たちは
元気かな…)

2019年3月11日(月)
3.11

東日本大震災
から8年。

あれからもう
8年も経つのかと。

時間の流れは早い。

不思議なことに
あの1年の記憶は
震災のこと以外

も含め具に
思い出せるよう
に感じる。

記憶に
新しいはずの

2012年や
2013年より


震災が
記憶の柱となり

深く広がるように
脳内に
留まっている
のかもしれない


yahooで3.11と
検索すると

10円の寄付が
届くように
なっています


何もできないけど
出来ることから

(追悼)

2019年3月9日(土)
自立

1月、新たに
クレジットカードを

作ろうと決心し、
友人を介して

銀行員の
連絡先を入手した。


その行員によると、
「身分証等々の写メを
送ってくれれば、
処理は
私が
するので、お任せあれ。」

と頼もしい言葉を
頂戴した。


その言葉を
信じた私が

愚かだったのだが、
結局待たされ
つづけている。

デポジットが
必要だとのことで

銀行に赴き、
定期預金を
させられた。


その後、
音沙汰がないので、

私から連絡を
取ること2回、

銀行からの
電話が2回。


銀行からの
2度の電話は

完全に同じ内容で
生年月日・
住所・
実母の名前・

出来上がった
カードの送り先を

尋ねられ、
「7日〜14日
以内に送る」

と言われた。

1週間以上
前にも

同じことを
言われたと

伝えても、
「部署が違う」と

一昔前の日本の
お役所のような

ことを言われる。

ほぼほぼ
諦めていた

つい先日、
こんなメールがきた。

「KITASが
6カ月切ってるけど、

新しいのない?」

もうめんどくさい。

(まだできない)

2019年3月8日(金)
新年度に向けて

現学年も
残すところ
1週間となり、

長い春休みを
挟んで、

新学年が
始まります。


今年度の総括と
来年度の展望を

してみてください。

今年を振り返り、
来年の勉強に

繋ぎましょう。

習慣や勉強の
仕方など

何を変えるにせよ、
変化するのには
時間が
かかるものです。

そして、時期を
待つといっても

ただ待っている
だけでは、

中々その
時期というのも

来ない者です。

動き出しは
早め早めが吉です。

まずは
やってみましょう。

(今年度も締めくくり)

2019年3月7日(木)
『ニュピ』

とってもかわいらしい
名前の祝日ですが、
本日は
ヒンドゥー教の
祝日です。


バリヒンドゥー教徒は
ウク暦とサカ暦に
沿って

暮らしています。

サカ暦の第10の月
(サシー・カダソー)
の1日目がニュピです。

前日は月が隠れる
暗月(ティルム)で、
冥界の神マヤが
大掃除を

行うため
悪霊ブト・カロが

地上に
這い出て来ると

言われています。

彼らが悪さを
しないよう、

各地で悪霊
祓いの儀式を

盛大に行います。

ニュピ当日は
追い祓った
悪霊たちが

完全に
去るのを静かに

瞑想して
待つのです。


この日は

労働・外出
火(灯り)の使用
殺生なども
禁じられます。


バリヒンドゥー教徒
にとって
1年で
最も重要な日であり、

インドネシアの祝日に
指定されています。

英語では
『サイレント・デー』
訳され、

バリ島全体が静寂に
包まれる日です。
また明かりの使用も
禁止されるため
晴れていれば夜
満点の星空が
見られるそうです。

バリ在住の
私の友人は

『ニュピ』が
大好きだそうです。

一年に一回と言わず
毎月あっても
いいのにと

言っています…
私も人より耳が
いいのか

幼少の頃から
ノイズが大の苦手。

インドネシアに
住んで早11年…

一度くらいは経験して
みたいものです。

町中が静寂に
包まれるって

どんな感じなのか…

早朝から
モスクのアザーン

鶏の鳴き声、
バイクの音

車の音、人の叫び声…
喧騒の地
ジャカルタでは

とても想像もできない…

ともあれ、
宗教が違えど

国家の祝日に
してしまう

インドネシアの
寛容さに

毎度感心して
しまいます。


(インドネシア・ブルサトゥ)

2019年3月6日(水)
マンスリーテスト・・・そこから

昨日で
マンスリーテストが
終わり、結果は今日から
返していきます。

春休み前、最後のテスト
の結果は、はたして・・・
この結果を踏まえ、
春にやらなければ
ならない事が
多からず
見えたのでは・・・

遊んでばかりは
いられないのは
本当のことであり
春休みの差は
取り戻すのに
半年以上かかる
でしょう。

1か月間本当に
何もやらないで
いると・・・考えた
だけで怖いです。

春期講習会は
テキスト作成に
入っています。
申込はまだ
間に合います。
しっかり検討して
達成感のある
春を過ごして
下さい。
決して怠ける事
などしないように!

(風邪、体、復調傾向)

2019年3月5日(火)
「ひと休み」

今から400年ほど前の
1604年の本日、
江戸幕府が一里塚の
整備を始めたらしい。
およそ10年をかけて、
幕府統治下の各街道に
設置したそうな。

ただ、「一里塚」
という塚、そして語は
江戸期以前からあり、
室町時代の禅僧
一休宗純が「門松は
冥途の旅の一里塚」
なんてことを
言ったりしている。

英語にも「milestone」
という語があり、
「一里塚」同様、
単に距離標識を
意味するだけでなく、
歴史・人生など、何か
大きなものにおける
ひとつの段階や
画期的な出来事を
表すことがある。

英国出身ののSF作家、
アーサー・クラークは
「The moon is
the first milestone
on the road
to the stars.」
と言ったそうだが、
「お月様
星への旅の一里塚」
といったところか。

一休は、
先の言葉の後に
「めでたくもあり、
めでたくもなし」
との下の句を続けたが、
クラークは、その後に
何か付けてくれと
言われたら、
どんな言葉を
加えただろうか。

(マイルすっ飛んだ)

2019年3月4日(月)
リビング学習の効用

新年度初めの
個別面談会が
開かれています。


私が担当した
ご父母の方には、
家庭では普段

どこでお子様が
勉強に取り組んで
いるかという

ことを伺うことに
しています。


成績が良い
お子様は、総じて
自分の部屋

ではなく、
お母さんの目が
届くリビングで勉強

している人が
多いように
感じました。


自分の子供時代を
振り返っても、
親の目が

届かない自分の
部屋では、本や
マンガを読ん
だり、
ラジオを聞いたりと、
勉強以外のことに

結構時間を
費やしていた
ものです。


やはり中身の濃い
勉強をさせるには、
お母様の

目が届くリビング
での勉強が
よいと感じます。


ただし、
まだ年少の弟や
妹がいて、
リビングで

集中して勉強に
取り組めない
場合もあると

思います。
その場合は、
是非ファイの
自習教室

を活用して
ほしいと思います。


(一言居士)

2019年3月2日(土)
3月

まだ今年に
入って2か月しか
経っていないのに

…いろんな、
ことが起こって

頭も心もフル回転
しても追いつかない


一方今年に
入って2か月も
経っているのに

昨年と同じ毎日…

昨年末に思い
描いていたことは

ほとんどできていない

毎日の変化は
小さいけれど

毎日を大切に
小さい変化も
心を動かし

感謝し積み重ねる

子どもたちの
変化を成長を

しっかり、
感じていきたい


3月…毎日を大切に
大切な人を…

2019年3月も…
もう2日…まだ…

2019年3月1日(金)
卒業生へ

時間と共に
町並みは変わる

昔を訪ねたい
心がある

そして、変貌に
年月を感じる

寂しさが少し伴う

さて、卒業生へ
ファイの
チランダック校が
移転する

ここから
中学受験をした137名

高校受験をした424名へ

卒業パーティーでの
「10年後にも
ファイはあってほしい」

この約束は守れるだろう

しかし、
君たちの思い出
の場所は

記憶の中だけとなる

その時は7月
夏休みには、
もう無い


(入道)