<<前のページ | 次のページ>>
2018年12月11日(火)
12月中旬・・・

日本は寒さが
先週から本格的に
なってきたように
みえますよね。

ここジャカルタも
雨期真っ最中!
毎日、豪雨が
きますね。
豪雨と雷がくるな
っというのが
空模様でわかって
きますね。

さてさて、話は変わり
生徒達の生活
リズムは
いかがでしょう?

塾でもちろん学習
はしていますが、
家での学習の
大切さを理解して
いないご家庭も
あるようです。

ご家庭で、
もう1度
生活リズムを
改善してみては
いかがでしょう?

今後、受験が
近づくにつれて
取り返しが
つかなくなります。

個別父母面談時に
気づいた点などは
話し合い、そして
解決策や具体案を
出し、その経過を
見守ります。

ご家庭での
電子機器の
取り扱い、
時間をしっかり決め
生活にメリハリを
つけて下さい。

さあ、
来週の土曜日から
冬期講習会です。
年末、年始を楽しく
過ごす為にも
やる事を、
きっちりやりましょう!

(がち運動不足)

2018年12月10日(月)
「どしゃぶり」

雨は上から
縦方向に降るものと
思っておりましたが、
本日、ふと外を見ると、
右から左に、横方向に
降っていました。

(雨雨)

2018年12月8日(土)
高ゲーと虎ヒル

山手線にできる
新駅の名称が

「高輪ゲートウェイ」に
決定しました。


それと相前後して、
東京メトロの

日比谷線の
新駅の名称が

「虎ノ門ヒルズ」に
決まりました。


カタカナが入った
名称に賛否は
あるで
しょうが、
どちらも長い
駅名なので

省略形が好きな
日本人のことです

から直ぐに
「高ゲー」とか
「虎ヒル」とかに

省略して
呼ばれることに
なりそうです。


(日々是好日)

2018年12月7日(金)
やっぱり、
健全な肉体でない人のひとこと

いつも以上に
駄文である

体調不良を
言い訳にする


「健全な魂は
健全な肉体に宿る」


先々週から
体調を崩し、

今週はじめから
風邪もひき

「ほんと好奇心とか
やる気とか…
特に気遣いとか

ほとんど体力に
支えられているんだな」

と改めて痛感した。

気力
体力
人力
あっての
知力
学力だと常々
思っていた



「元気があれば
なんでもできる」

アントニオ猪木氏
の言葉も

身に染みる

前向きで
いたければ

先ず健康で
いましょう


その上病気に
なってしまった時

罪悪感を感じてしまう。
気合が足りないので
病気になるんだ…

って
はたしてそうなのか
病気になっても
頑張らなければならない

治癒することにも
頑張らなければならない

はたしてそうなのか

患ってしまったら
早くやすむことが
大切なのではないか

心も身体も…
体調の悪いのが
続けば
気持ちも
どんどん落ち込む

悪循環

早く頑張って
やすんで

元気になる

元気になって
また頑張る

結局頑張る

やっぱり現在
健全な肉体では
ないので

不健全な考えに
なっているのだろうか


おとなって…

2018年12月6日(木)
余韻

10日前に
観た映画

「ボヘミアン
ラプソディー」の

余韻が未だ
抜けない。


曲から当時を
思い出すとかではなく、

体が疼くというか
ドン・ドン・パー
のリズムか、

あたかも
重力加速度が

減少したように
体が軽くなる。


やはり、
フレディ・マーキュリー
はかっこいい
(COOL!)


(入道)

2018年12月5日(水)
「ソフトボール」

この前の日曜日、
ソフトボールの
試合をした。

バッティングは、
とても良かった。

一打席目は、
ライト方向を
狙っていた。


身体を
小さくたたんで、
バットを巻き込み、

ライト線に
打つことが出来た。


二打席目は、
レフト方向に
打とうと思っていた。

ボールが緩い球で
あったので、
タメをつくり

右中間に打った。
バットの芯で
捉える事が

出来たが、
右方向で
あったので
長打コース

だと感じた。
しかし、
ボールは伸びていき、

ホームラン。
人生初の右方向の
ホームランであった。


この試合は、
ピッチャーをした。

最初の回は、
肩の調子も
良かったが、

回を重ねるにつれ、
肩が痛くなり、

途中から投げ方が、
分からなく
なってしまった。


フォアボールを
沢山出してしまい、

9点も取られてしまった。

ボールの
投げすぎが、
原因だと思っている。

結果は勝つことが
出来たが、
ピッチャーに関しては、

課題が多く残る
試合となった。


このような試合だと、
野手のモチベーションが

落ちてしまうので、
ストライクを先行し

最少失点を目指す。

(ミスター506)

2018年12月4日(火)
KIWI

KIWIは
ニュージーランド人
の愛称である。

(と私は思っていた。)
キウイフルーツ
の由来となった

ニュージーランド
固有の鳥から
つけられたもの。


最近
この呼び名をめぐり

裁判が行われた
そうだ。


オーストラリア
で働く
ニュージーランド人が

職場の上司に
KIWIとニックネームで

呼ばれること
に対して

人種差別である
と訴えたのだ。


訴訟の結果
KIWIという
呼び名自体に
差別の意味は

含まれない
として敗訴となった、


キウィという
言葉自体に

差別の意は
含まれない
のだろうか。


kiwi
1鳥キーウィ―
(ニュージーランド
産の飛べない鳥)

2(侮蔑)ニュージーランド人
3(飛行隊の)地上勤務員
4キーウィ―フルーツ
(ジーニアス英語辞典)

辞書によって
「侮蔑」を意味する

と書かれている
場合がある。

 
私個人的な
経験を振り返ると

ニュージーランド人が
自らのことを
KIWIと楽し気に

名乗っていた
ような気もする。


しかし

歴史的あるいは
社会の状況により

その言葉が
表す意味合いは
変わってくる。


今回の場合
使った本人と

使われた本人との
関係性の中で

そこには当人が
不快に感じる

意味合いが
含まれてい
たのだろう。


言葉はよく
吟味して
使わねばならない。


(New zealander)

2018年12月3日(月)
知らんけど

方言には
詳しくないが

大阪で生まれ
育ったので

自然と大阪弁を
身につけてきた


中でも大阪人は
最後に
「知らんけど」

とよく使う。

他県の人
からすると

投げやりなように、
ともすると

無責任なように
聞こえる

この「知らんけど」
という言葉


だが
言っている
我々からすれば


「私はこのような
考えや知識を

持っていますが、
それは学術的な

文献、もしくは
緻密な検証に

基づくものではなく、
統計的に

十分な確からしさを
保証するもの

ではありません」

という科学的に
真摯な態度

なのです。

だから
他県の方には

暖かく見守って
いただきたい

と考えています。

「知らんけど」
で検索すると

その用法・用例
については

様々に議論
されているので

ぜひ

(大阪弁講座)

2018年12月1日(土)
15番目の弟子

先日、
何がきっかけが

忘れたが
桂三輝さんの

英語落語をみた。

三輝と書いて
サンシャイン
と読むのだが、

名前のとおり
日本人ではない。

後で検索すると
カナダ出身の
方だそうだが

日本も堪能で、
日本の文化にも

精通されていた。

スペクターさんでは
笑わない私が
久ぶりに笑わせて
いただきました。
オチがすごい。

「桂 
サンシャイン 敬語」

で是非検索を。

(日本人に生まれて良かった)