<<前のページ | 次のページ>>
2019年1月16日(水)
新年度・新受験生

今年度も
そろそろ終わり、

2週間後には
2019年度が
始まります。


しかし、
今年の入試は

まだまだ
終わりません。

受験生はむしろ
ここからが佳境
という人も

いると思います。
最後まで一緒に
頑張りましょう。


そして、
2週間後から

新受験生になる
人たちは、

先輩たちの
合格掲示を見たり、

自習している姿を
目に焼き付けて

おいてください。

ちょうど1年後には
あなたたちの名前が、
勉強している姿が、
そこにあるはずです。

(先輩に続け)

2019年1月15日(火)
成人式

昨日は成人の日。
(自称)20歳の
私なので、

今日は成人式
なのですが、

まぁそんなことは
おいといて。


こっちにいると
季節感が無いですが、

日本では冬。

振袖ともこもこの
ショールが定番。

たまに袴の人もいて、
そういう人は
濃いメイク

だったりするので、
極妻か?!
となります。


ところで、
極妻って

通じるん
でしょうか。


最近だけでは
ないですが、

ちょこちょこ
ジェネレーション
ギャップを

感じることが
あります。


こうして時代は
変わって
いくんでしょうか。


(モコモコは着なかった)

2019年1月14日(月)
『日本のオドモ…』

今年も成人式で
大暴れした新成人の
ニュース…

毎年のことながら
ため息が出る…

私達は
何を持って
大人というのか???

いい年過ぎても
子どもみたいな
大人もいれば、
小学生でもきちんと
物事を
考えられる子もいる…


『大人検知器』を
発明したら
ノーベル賞もの

だろうか?

自分も含めて
日々大人のふるまい
を考えなくてはと
思う今日この頃…

(日々精進(-"-))

2019年1月12日(土)
19年度説明会そして1月授業

明日は2019年度
新学期説明会です。
前半は小学部、
後半は中学部です。
是非、足を運んで下さい。

毎年、1月の下旬から
ファイでは新学年の
学習がスタートします。

ファイでは
1月、2月、3月は
学年に新をつけて
呼びます。
旧学年と区別する為です。
例えばJJSで6年生は
新中学1年生になります。
時間帯が大きく
変わるのが
新中学1年生です。
夕方から夜の
時間帯に授業時間が
移行します。

この1月は
全学年最終月にあたり
各学年の総まとめです。
理解不十分な単元は
絶対にここでさらなる
復習をして下さい。

特に新受験学年に
なる生徒はしっかりと
学習リズムの
見直しを心がけて
下さい。

新学年まで
残り2週間。
教師もがんがん
攻めていきます。
しっかりついてきて
下さい。

(今日は走る)

2019年1月11日(金)
「ひらけ、カガミ」

特定の状況においては
悪印象を与えるため、
使用を避けるべき言葉。
というのが
「忌み詞(いみことば)」
の意味するものである。
例えば、受験期において
「滑る」「落ちる」などは
忌み詞となる。

そして、忌み詞には
言い換え表現がある。

複数ある受験校の
第一校目に合格した者に
「見事な滑り出しだね」
などと言ってはいけない。
「幸先の良い始まりだね」

机の上の消しゴムが
何らかの拍子で
その場所から移動し、
鉛直方向を含む
物理的運動を行った時も
「あ、落ちた」は
とんでもない禁句である。
「お、地球の中心に
向かって行った」

さて、その昔、武家では
正月11日に鏡餅を割って
食す風習があった。
ただ、武士社会において
「割る」は切腹につながる
忌み言葉であるため、
「開く」で言い換え、
この風習を「鏡開き」
と呼んだ。

現代でも、算数の時間に
武士を先祖とする人々は
「割り算」と言わずに
「開き算(ひらきざん)」
という語を使っている。
……らしい。

(馬の骨)

2019年1月10日(木)
平成最後の・・・

平成に代わる
新たな年号が
4月1日に

発表されることが
決まりました。


新たな年号が
何に決まるのかも
興味深い
ですが、
いずれにせよ、
あと4か月で平成が

終了することに
なります。つまり、
「平成31年」

は4か月で
終わって
しまうんですね。


この間、
よく耳にしたのは、
「平成最後の・・・」

という言葉。
「平成最後のクリスマス」
「平成
最後の紅白」
「平成最後のお正月」・・・。


とにかく、
元号の変わり目に
立ち会える機会は

そうそうあるものでは
ないので、
楽しみにしま
しょう。

(日々是好日)

2019年1月9日(水)
時代

一昨日の話題
なので躊躇した
のですが

今年で平成も
終わるの…敢えて


今から30年前の
昭和64年(1989年)
1月7日は
裕仁天皇
崩御された日です。

この日は
「昭和」最後の日。


そして皇太子の
明仁親王が即位

翌日の8日午前0時
を以て改元
「平成」
とする事が
発表されました。

1月13日裕仁天皇は
昭和天皇と
追号される。


今年2019年
の4月30日で
「平成」が終わります。

そして5月1日には
新しい時代の幕開け


僕の人生の
唯一の自慢

今上天皇
(昭仁天皇)に

拝謁させて
いただき、

その上、お声を
かけいて
いただいたこと。


それも、
薄れてしまうのか…

いや、お言葉は強く、
胸に刻んであるので

支えにさせて
いただき、
新し時代に向かう。


日本の三時代を
生きることになる

僕は何を思い、
何をすべきなのか。

何ができるのか

この激動の時代に
生をうけ
それを
感じることが
できることに感謝。


「昭和」
「平成」
おもろかった。


これからも
おもろくなるで

ワクワク

2019年1月8日(火)
年末年始

先日、
ある生徒が、

お茶で、薬を
飲もうとしていた。


その場で、
「薬はお茶で
飲んではいけない。

効果が薄まるから。
水で飲みなさい。」
と、教師っぽく注意。

確認のため
調べてみると、

お茶と一緒に
飲んでも

問題なく
なって”きた”

とか
お茶と一緒に
飲んでも

問題ないことが
”わかった”


進歩した?ようだ。

時代に追い
つけていない

教師でした。

(入道)

2019年1月7日(月)
「今週水曜日は・・・」

冬期講習会が
終わり、

今日が
最初の通常授業。


一時帰国で
冬期講習会参加

参加できなかった
生徒に会えて

良かったですが、
一時帰国中でも

しっかり勉強は
しましたか?


今週水曜日は
全学年マンスリー

テストです。
冬休み中の勉強

の成果を
見せて下さい。


(ミスター506)

2019年1月5日(土)
最終日

今日で
冬期講習が

終了します。

やり残しのないよう
最後まで気を抜かず
やりきりましょう。

そして明日からも
せっかく身に着いた
日々の
学習習慣を維持し

新学期のスタートを
きれるようにしましょう。

さて、
講習会前あたりから
体調不良で
お休みする生徒が

多くみられました。
健康を
新年の目標にたてる

ファイ教師もちらほら。
私もその一人。

・バランスの
とれた食生活

・良質な睡眠
・適度な運動

以上3つを心がけ、
健康的な生活を
目指しましょう。

ちなみにWHO
がかかげる

運動不足の定義は
「週に150分の緩い運動
もしくは75分の
激しい運動を

しない人」である。

1日8000歩(早歩き20分)
もしくはヨガや筋トレ。
朝の涼しい時間を
有効に
活用しようかしら。


(運動服を買おう)

2019年1月4日(金)
新年

昨年末は
吐き気と下痢に
苛まれ
せっかくの
国内旅行も

個人的には
ハードな旅に

なってしまいました。

ジャカルタに
戻ってくると

体調も復活し、
花火とともに
万全の状態で
新年を迎えることが
できました。

病は気からと
言いますし

精神面にも
影響が出るので

体調管理は
大事ですね

病が先なのか、
メンタルが先なのか

ベクトルの方向は
分かりませんが

密接に関わっていると
思っています。

今年の目標は
まずは
体調管理!

ばりばりがんばります。

(新年さっそく鼻水)

2019年1月3日(木)
謹賀新年

2018年の私生活を
顧みると

良かったことより
悪かったことの方が
多くあった。

私生活で
一番良かったのは

5月に始めた禁煙が
まだ続いている
ことだろうか。

特に吸いたいと
思う気持ちも

無いので、
結構気楽に

続けている。
ただ、残念ながら、
禁煙の効果を
感じることは全くない。
私の体内では、何かが
良くなっていることを
信じるしかないが、
別に他人に禁煙を
すすめたい
とも思わない。


逆に、
悪かった方も健康面に

関することで、
・飲酒量の増加
・体重の増加
・味覚障害
・抜け毛
の四点がすぐに
思い浮かぶ。


特に味覚障害
については、

味を感じないことが
本当に増えてきて、
実は真面目に
悩んでおり、

亜鉛のサプリを
購入したほどである。


年末年始の休暇を
利用して、

数回、寝起きから、
夜までダラダラと飲み、
その背徳感を
覚えながらも

ストレス発散をした。

ただ、
当然のことながら

暴飲暴食を
繰り返した

この6日間は
不健康な
生活であった。


2019年は、
もう少し自分の

「健康」に気を
使っていこうと

考えている。
とりあえずは、夏以降、
急激に増えていた
外食のペースを
減らさなければ。

(気分一新)